2003年に発売されたユニクロのあったかインナー「ヒートテック」は発売されるとすぐに話題になり、今では冬のインナーとして重宝している人も多いですよね。

薄手なのにしっかり防寒できるので、重ね着してもゴワゴワしない1着は必ず持っておきたいインナーです。

しかし、ヒートテックは汗をかきやすい人が着ると、悪臭が出やすいとネットで噂になっています。

上着を着ている時は分からなくても、室内に入って上着を脱いだ時に臭いが気になることも。

なぜヒートテックを着ると臭いが出やすいのでしょうか?

効果が裏目に!?ヒートテックを着ると臭いがきつくなる原因とは?

まだ少ししか着ていないのに、ヒートテックを何度洗っても臭いが取れない…とネットで騒がれていますが、保温効果が高いヒートテックがなぜ臭いを放ちやすくなるのでしょうか?

原因はヒートテックの特性であり、保温をキープするためにはしょうがないことでした…

1つは発熱素材です。

ヒートテックは、体から出た水分を素早く吸収して熱を発する発熱素材が使用されています。

そのため、汗はすぐに水分として蒸発するのですが、汗に含まれている臭いの原因の雑菌が服に付着したまま残ってしまうのです。

天然繊維であればこのような現象は起こらないのですが、ヒートテックなどの化学繊維で作られた衣服は洗濯してもなかなか臭いを取ることができないのです。

もう1つは重ね着をするので、臭いが外に排出されず、そのまま衣服にとどまってしまうからだと考えられます。

通気性の良い服であれば、汗をそのまま蒸発させることができますが、重ね着をしていると空気がこもりやすくなり、自然と汗も出やすくなってしまうのです。

特にヒートテックは前述のとおり、化学繊維で作られているので、普通の服よりも臭いがこもりやすいことから、強い臭いを出しやすいのです。

汗をかきやすい人にとっては、ヒートテックを着るとさらに臭いを出しやすくなりますが、冬の寒い時期にさらっと着れて温かいヒートテックをやっぱり着たいですよね。

どのようなことに気をつければ、汗をかきやすい人でも臭いを抑えてヒートテックを着ることができるのでしょうか?

どうすれば臭いを出さずにヒートテックを着られる?

汗からくる臭いの元を抑えれば、ヒートテックを着ても臭いに悩まされることはありません。

とは言っても、汗を完全に抑えることは汗腺除去の手術でもしない限りできませんよね。

汗からくる臭いの雑菌を抑えるデオドランド製品を使えば、効果的に臭いをブロックすることができます。

ただし、どんなデオドラン製品でもいいわけではなく、別の香りでごまかすだけのデオドラン製品を使っても、臭いを消すどころかさらに悪臭を増強させる原因になります。

出来るだけ効果が高いデオドラン製品を人気ランキングや口コミで調べて、自分に合ったデオドランド製品で消臭ケアを行いましょう。

また、衣類用の消臭スプレーを使って、臭いを予防する方法も得策です。

ヒートテックを着る前にしゅっとスプレーするだけで、臭いを出しにくくさせることができるので、こちらも併用してみましょう。

食生活を改善すれば臭いを抑えられる?

臭いが出やすいヒートテックですが、そもそもの原因である臭いの根源は遺伝性のものもありますが、食生活も大きく関係しています。

腸内環境を悪化させることでも、臭いを強くする原因になるので、食生活を改善すれば、臭いを緩和されます。

肉類や乳製品の摂取を控え、偏食や食べ過ぎ、早食いを見直すだけでも、腸内環境を整えることができるので、臭いに悩んでいる人は一度食生活を見直してみてくださいね。

汗が出やすくても、臭いの原因に気をつけていれば、安心して着ることができるヒートテック。

デオドランド製品を上手く利用して、臭いと寒さから体を守ってくださいね!

>>デオシークを楽天で買うと損!?【楽天よりも安く買う方法】